これまでの旅の思い出
by sarasarajp
りんく
外部リンク等

 らくだの&サラによるユダヤ&イスラームの異色コラボはこちら。

「(はてな版)こらぼ さらくだ」

「(エキサイト版)こらぼ さらくだ」



 当ブログの親ブログ。イラン生活13年目に突入したサラさんの日常雑感。

「イランという国で」





カテゴリ:ブーシェフル州( 31 )
|
|
2007年 03月 29日 |
c0057224_11515172.jpg


 一台のバイクに一家で乗って、お弁当を持って

 今日は河原でピクニック

 河原道をがたごと走る

 
ブーシェフル州で

[PR]
2007年 03月 12日 |
c0057224_19111323.jpg


 すっかり崩れ落ちた遺跡の後ろには石油のタンクが並ぶ

 石油施設を写すなというけれど

 どうしても入ってしまうのはどうしたらいいのだろう

 
ブーシェフル州、ハールク島で

[PR]
2006年 12月 30日 |
c0057224_14225748.jpg


 朝日が昇ってくる海岸に立つ

 ペルシア湾は不思議と日本の海のような磯の匂いがしない

 本当にここは海なのかな?と一瞬不安に思うほど

 でもやっぱりかすかな塩の匂いはするし

 寄せては返す波は海のもの

 
ブーシェフル州、バンダル・レンゲで

[PR]
2006年 12月 12日 |
c0057224_2048546.jpg


 とても古い時代のタイルを保護するため

 こんな風な措置が取られていた

 壁にガラスケースを打ち付けるというこのやり方がいいのか悪いのか

 なんだかよく分からなくなってきた

 
ブーシェフル州、ハールク島で

[PR]
2006年 10月 04日 |
c0057224_20382820.jpg


 みんながゴミを投げ捨てなくなったなら

 イランはどんなに美しい場所になるだろう

 沙漠に、海岸に、川岸に

 あらゆるところにゴミが投げ捨てられている状態は

 イランが公共道徳心を持ち合わせない人ばかりであるかのように見せている

 この絵のように

 ゴミはゴミ箱に

 
ブーシェフル州、バンダル・ターヘリーで

[PR]
2006年 09月 14日 |
c0057224_2095851.jpg


 海岸のすぐそばに残る大きな金曜モスクの跡

 今のすっかりひなびてしまった小さな町からは想像のできない規模

 青い海を臨むモスクというのは一体どんな建物だったのだろう

 白い石が青い海に映えるモスクだったに違いないと

 今に残る廃墟の石を身ながら空想する

 
ブーシェフル州、いにしえのスィーラーフで

[PR]
2006年 08月 28日 |
c0057224_15494778.jpg


 山の斜面に彫り込まれたたくさんの穴

 ゾロアスター教徒の墓地という説もあればそうではないという意見も

 いろいろな説があるようだが

 夕闇が迫る中で見るとなんだか不思議な気分になってくる情景

                ブーシェフル州、バンダル・ターヘリーで
[PR]
2006年 08月 26日 |
c0057224_11181631.jpg


 港の夜が明ける

 太陽がまだ登り切らない薄闇の中

 人々は小舟で港を出たり入ったり

 港の朝は早い

 
ブーシェフル州、バンダル・ターヘリーで

[PR]
2006年 08月 09日 |
c0057224_228213.jpg


 イラン最大の石油積み出し基地のあるハールク島

 島のあちこちに油井がある

 この島はそれと同時にイスラーム以前と以後の興味深い遺跡がいくつもある

 「油井は写真に撮らないように」と注意を受けたが

 遺跡を撮るとどうしても油井が写真のどこかに入ってしまう

 
ブーシェフル州、ハールク島で

[PR]
2006年 06月 22日 |
c0057224_13272330.jpg


 遺跡の中で出会った子犬

 かわいがられているのか人を怖がらず

 毛並みもふかふかだった

 犬があまりかわいがられないイランでは

 こんな子犬を見るのも珍しい

 ブーシェフル州、ブーシェフルで

[PR]

カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
 ※サラへのメールはこちらから。

 イラン国内での団体・個人旅行や取材などの通訳・コーディネーターのご紹介致します。詳しくは、上のメールフォームからお問い合わせ下さい。
 個人旅行の観光ビザ取得に関してもご相談に応じます。

 お問い合わせのメールの場合、文字数の制限がある携帯メールではなく、PCメールでお願い致します。



 ※イランやイスラーム、イラン旅行についての質問はこちらからもどうぞ。
 イランなんでもBBS。「サラーム・サラーム・サラーム」



お願いと注意事項
 コメント、TBは大歓迎です。リンクもご自由にどうぞ。
 ただし、内容と全く関係のない、ある特定のブログあるいはWebを宣伝することを目的としたコメントあるいはTBを、当ブログ管理者に対して何らかの断りもなくされた場合は、一種のスパムと見なし、こちらで削除させていただきます。

 エントリーに関連したTBであってもできるだけ一声かけていただきたいと思います。特に初めてコメントやTBをされる方は、コミュニケーションの第一歩として、その旨をお伝えいただきたいと思います。

 当ブログに掲載されている写真を使用される方は、管理人に許可を得てからにしてください。
最新のトラックバック
アッバス キアロスタミの..
from ばびこのチャイハネ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧