これまでの旅の思い出
by sarasarajp
りんく
外部リンク等

 らくだの&サラによるユダヤ&イスラームの異色コラボはこちら。

「(はてな版)こらぼ さらくだ」

「(エキサイト版)こらぼ さらくだ」



 当ブログの親ブログ。イラン生活13年目に突入したサラさんの日常雑感。

「イランという国で」





カテゴリ:ケルマーンシャー州( 15 )
|
|
2008年 04月 25日 |
c0057224_11572772.jpg


 シーア派信徒にとって特別な地カルバラー

 現在はイラク領なのだけど

 イラン国内から既に

 カルバラーまでの道のりが表示されている

 いかにシーア派イランにとってそこが大切なのか

 この道路標示が教えてくれる
[PR]
2008年 03月 03日 |
c0057224_10495520.jpg


 サーサーン朝のレリーフで有名なターケ・ボスターン

 そこにこっそりとガージャール朝が割り込み

 だけど、レリーフのレベルがちょっと低すぎて

 何とも悲しい気分になる

ケルマーンシャー州、ターケ・ボスターンで

[PR]
2008年 02月 12日 |
c0057224_0512117.jpg


 これはいったい誰の足跡?

 ちょっと扁平足気味かしら

ケルマーンシャー州、ケルマーンシャーで

[PR]
2008年 01月 29日 |
c0057224_11104738.jpg


 パルティア時代のレリーフがある岩

 なぜかときどき向きが変わっている

 レリーフがまっすぐだったり横になっていたり

 だれか岩を転がしているのだろうか?

ケルマーンシャー州、ビーソトゥーンで

[PR]
2007年 05月 09日 |
c0057224_11541477.jpg


 真っ赤な芥子の花が咲く中を

 てくてくと山歩き

 目指す遺跡はまだ見えない

 
ケルマーンシャー州で

[PR]
2006年 12月 03日 |
c0057224_13501931.jpg


 人々が願いを込めて布を結んだり鍵をかけたり

 イランの聖者廟でよく見られる光景

 ところが、なぜかバーザールの中の神学校の扉に

 人々が願掛けを行っていた

 こんなに沢山の願い事が集まっているということは

 きっと御利益があるからに違いない

 でも、やっぱり、不思議な光景

 
ケルマーンシャー州、ケルマーンシャーで

[PR]
2006年 12月 01日 |
c0057224_12195041.jpg


 以前、ケルマーンシャーにはイラクから様々なものが流れ込んでいた

 お茶、電化製品、人道援助物資等々

 バーザールを歩いていると

 「日本人?これ読んでよ」

 と、電化製品の取扱説明書を見せられてびっくりすることもしばしばだった

 イラクへのアメリカ攻撃以後ケルマーンシャーを訪れていないが

 今でもそうした物資を扱っていたバーザールはあるのだろうか

 
ケルマーンシャー州、ケルマーンシャーで

[PR]
2006年 09月 25日 |
c0057224_1229511.jpg


 夏の終わり

 クルミの収穫が始まる頃になると

 生のクルミが売られ始める

 独特の歯触りと味で、生のナッツが大好きなイランの人の好物の一つ

 道ばたで、屋台で売られる生クルミは

 夕涼みに出てきた子どもたちも大好物

 
ケルマーンシャー州、ケルマーンシャーで

[PR]
2006年 03月 01日 |
c0057224_8341633.jpg


 日も落ちようとする時間

 色ガラス越しに光が差し込み

 タイルに色を添えていた

 ケルマーンシャー州、ケルマーンシャーで

[PR]
2005年 12月 20日 |
c0057224_1245320.jpg


 こんな派手な布団、誰が使うの?

 思わずそういった私に、布団に刺し子をしていた男性たちが

 みんな使うよ?

 まあ、でも、これは新婚さん用ね

 と教えてくれた

 ケルマーンシャー州、ケルマーンシャーのバーザールで

[PR]

カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
 ※サラへのメールはこちらから。

 イラン国内での団体・個人旅行や取材などの通訳・コーディネーターのご紹介致します。詳しくは、上のメールフォームからお問い合わせ下さい。
 個人旅行の観光ビザ取得に関してもご相談に応じます。

 お問い合わせのメールの場合、文字数の制限がある携帯メールではなく、PCメールでお願い致します。



 ※イランやイスラーム、イラン旅行についての質問はこちらからもどうぞ。
 イランなんでもBBS。「サラーム・サラーム・サラーム」



お願いと注意事項
 コメント、TBは大歓迎です。リンクもご自由にどうぞ。
 ただし、内容と全く関係のない、ある特定のブログあるいはWebを宣伝することを目的としたコメントあるいはTBを、当ブログ管理者に対して何らかの断りもなくされた場合は、一種のスパムと見なし、こちらで削除させていただきます。

 エントリーに関連したTBであってもできるだけ一声かけていただきたいと思います。特に初めてコメントやTBをされる方は、コミュニケーションの第一歩として、その旨をお伝えいただきたいと思います。

 当ブログに掲載されている写真を使用される方は、管理人に許可を得てからにしてください。
最新のトラックバック
アッバス キアロスタミの..
from ばびこのチャイハネ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧