これまでの旅の思い出
by sarasarajp
りんく
外部リンク等

 らくだの&サラによるユダヤ&イスラームの異色コラボはこちら。

「(はてな版)こらぼ さらくだ」

「(エキサイト版)こらぼ さらくだ」



 当ブログの親ブログ。イラン生活13年目に突入したサラさんの日常雑感。

「イランという国で」





カテゴリ:ゴム州( 55 )
|
|
2008年 01月 08日 |
c0057224_23293450.jpg


 何かが降りてきそうな空
[PR]
by sarasarajp | 2008-01-08 23:30 | ゴム州 |
2007年 04月 24日 |
c0057224_121819100.jpg


 マシュハドやゴムといった12イマーム・シーア派イスラームの巡礼地には

 シーア派イラン人だけではなく湾岸諸国やアフガニスタン、パキスタン、インドなどからも

 沢山の巡礼者がやって来る

 近年急激に増えた内外の巡礼者に対応するために

 マシュハドもゴムも建築ラッシュ

 いつ訪れてもどこかしらで工事が行われている

 どんどんと増え続ける宿やきれいになっていくバーザールにびっくりするばかり

 
ゴム州、ゴムで

[PR]
by sarasarajp | 2007-04-24 12:24 | ゴム州 |
2007年 04月 02日 |
c0057224_2075820.jpg


 有名な巡礼地という話だけど

 子供たちにとってはそんなのはどうでもいいこと

 先生にくっついてあちこち歩くのがそれだけでも楽しい

 
ゴム州、ジャムキャラーンで

[PR]
by sarasarajp | 2007-04-02 20:07 | ゴム州 |
2007年 03月 07日 |
c0057224_13305891.jpg


 無惨に枝を落とされたチェナール(すずかけ)の木が並ぶ光景に一瞬絶句した

 「こんなことして大丈夫なの?」

 とおそるおそる聞いてみたところ

 「また枝は伸びるし、大きくなりすぎないようにこうしなきゃいけないんだよ!」

 とのこと

 そう言われれば、そうなんですかとしか言えないけど

 それにしてもちょっとかわいそうに見えてしまった

 
ゴム州で

[PR]
by sarasarajp | 2007-03-07 13:40 | ゴム州 |
2007年 01月 29日 |
c0057224_13163677.jpg


 破損防止なのだろうと意図は分かるけど

 それでも

 こんな風な味も素っ気もないトタン屋根のかけ方はないなあと思ってしまった

 
ゴム州で

[PR]
by sarasarajp | 2007-01-29 13:01 | ゴム州 |
2007年 01月 20日 |
c0057224_12355315.jpg


 ゴムで沢山売られているキーホルダー

 いつも思うのだけど

 これをネタではなく、本当に好きで買う人がどのくらいいるのだろうか

 ホメイニー師はまだ「彼は偉大な人物だった」と言う人がいるけども

 ハーメネイー師ってどのくらい人気があるんだろう

 
ゴム州、ゴムで

[PR]
by sarasarajp | 2007-01-20 12:34 | ゴム州 |
2007年 01月 14日 |
c0057224_11553916.jpg


 道路脇に座る靴磨きのおじいさん

 客引きもせずにずっと何かを読んでいる

 何を読んでいるのだろうとのぞき込んでみたら

 コーランだった

 
ゴム州、ゴムで

[PR]
by sarasarajp | 2007-01-14 12:01 | ゴム州 |
2006年 12月 28日 |
c0057224_1248642.jpg


 イランで二番目の巡礼地ゴムには

 エマーム・レザーの妹であるマアスーメの近くで

 最後の審判の日を迎えたいという人の遺体が毎日何体もイラン各地から運ばれてくる

 廟の周りをぐるりと回り

 彼女の墓の周囲を回り

 それぞれの人が買った墓地へと運ばれて行く

 今日もまた一つ葬列が廟の中へと乗り込んで行く

 
ゴム州、ゴムで

[PR]
by sarasarajp | 2006-12-28 12:52 | ゴム州 |
2006年 12月 21日 |
c0057224_18372093.jpg


 昔、まだ日本で大学一年生だったときのこと

 どんな話の流れだったのかは忘れてしまったけど

 ペルシア語の先生がこう仰ったのが非常に印象に残っていた

 「イランの家というのはみんな壁がくっついていて支え合っているんですよ

 で、一番最後の家はどうなっていると思う?

 みっともなく、つっかえ棒で支えてあるんだ」

 先生がイランで暮らしていた革命前と、私がイランに来た10年前とでは

 家の建て方が変わっていたのかどうなのかは分からないが

 先生が仰ったような「つっかえ棒で支えられた家」を見ることはなかった

 しかし、ある村の聖者廟でこんなものを見つけてしまい

 先生の言葉を懐かしく思い出してしまった

 
ゴム州で

[PR]
by sarasarajp | 2006-12-21 18:35 | ゴム州 |
2006年 12月 14日 |
c0057224_1132364.jpg


 村の廃屋の中庭にざくろの木が残っていた

 冬の弱々しい日射しの中

 誰にも摘み取られなかった柘榴の実が残っていた

 
ゴム州で

[PR]
by sarasarajp | 2006-12-14 11:36 | ゴム州 |

カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
 ※サラへのメールはこちらから。

 イラン国内での団体・個人旅行や取材などの通訳・コーディネーターのご紹介致します。詳しくは、上のメールフォームからお問い合わせ下さい。
 個人旅行の観光ビザ取得に関してもご相談に応じます。

 お問い合わせのメールの場合、文字数の制限がある携帯メールではなく、PCメールでお願い致します。



 ※イランやイスラーム、イラン旅行についての質問はこちらからもどうぞ。
 イランなんでもBBS。「サラーム・サラーム・サラーム」



お願いと注意事項
 コメント、TBは大歓迎です。リンクもご自由にどうぞ。
 ただし、内容と全く関係のない、ある特定のブログあるいはWebを宣伝することを目的としたコメントあるいはTBを、当ブログ管理者に対して何らかの断りもなくされた場合は、一種のスパムと見なし、こちらで削除させていただきます。

 エントリーに関連したTBであってもできるだけ一声かけていただきたいと思います。特に初めてコメントやTBをされる方は、コミュニケーションの第一歩として、その旨をお伝えいただきたいと思います。

 当ブログに掲載されている写真を使用される方は、管理人に許可を得てからにしてください。
最新のトラックバック
アッバス キアロスタミの..
from ばびこのチャイハネ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧