これまでの旅の思い出
by sarasarajp
りんく
外部リンク等

 らくだの&サラによるユダヤ&イスラームの異色コラボはこちら。

「(はてな版)こらぼ さらくだ」

「(エキサイト版)こらぼ さらくだ」



 当ブログの親ブログ。イラン生活13年目に突入したサラさんの日常雑感。

「イランという国で」





<   2006年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
|
|
2006年 07月 31日 |
c0057224_13225151.jpg


 カスピ海の港に沈む夕日

 こんな時間に出て行くあの船はどこへ行くのだろう

                ギーラーン州、バンダル・アンザリーで
[PR]
2006年 07月 30日 |
c0057224_111211.jpg


 イランを旅していて怖いのがこうしたトラックたち

 どう見ても過積載

 車体は古く

 車軸は曲がり

 タイヤは溝が消えてつるつる

 これがものすごいスピードで走っている

 こんなトラックにはできるだけ近づきたくないのだけども

 イランの運転手はほとんどみんな自分本位

 スピードを出し、自分の前を走る車をどんどんと追い抜いていく

 イランの街道を旅することは

 ひやひやはらはらの連続
[PR]
2006年 07月 29日 |
c0057224_11204783.jpg


 しっとりとした空気の中

 空が昼から夜へと色を変えて行く

 雲は陽の色を写して色めいて

 月は太陽の光を反射してさえざえと

 
ホルモズガーン州、バンダル・レンゲで

[PR]
2006年 07月 28日 |
c0057224_17314048.jpg


 とっさに撮った写真のために足が切れてしまったが

 おっかなびっくりオートバイに乗るお姉さんと

 バイクにつかまって走るローラーボードの妹

 こんな光景が見られるなんて

 10年前には考えられなかった

                エスファハーン州、エスファハーンで
[PR]
2006年 07月 27日 |
c0057224_19592295.jpg


 というのは冗談だけど

 カーシャーンのバーザールを歩いていると

 絨毯に使う毛糸を染める工房がいくつも見られる

 染色は大変な作業なので後継者がいないという

 イランで最も有名な伝統産業である絨毯織りに一番必要な材料が

 安価な工場製に取って代わられてしまうのだろうか

エスファハーン州、カーシャーンで

[PR]
2006年 07月 26日 |
c0057224_12153158.jpg


 もともと扉か何かがあったに違いない空間に

 煉瓦を詰め込みタイルを貼り、新たな壁が作られていた

 どうしてここがふさがれてしまったのだろう

 それにしても

 ふさぎ方をきれいに、工夫していてくれて良かったなあと

 なんだかほっとした

                テヘラン州、ルードヘンで
[PR]
2006年 07月 25日 |
c0057224_9515684.jpg


 この扉はバーグ(果樹園)への入り口のはず

 だけど長い月日の間にいつの間にか

 扉は小路よりも低い位置になってしまった

 使えなくなった扉だけど

 今でもこうして残されているのが何とも言えずいい感じ

                セムナーン州、セムナーンで
[PR]
2006年 07月 24日 |
c0057224_19245162.jpg


 イランの農村を歩いていると思うのが

 イランの犬って大変だなあということ

 人間のために一所懸命働いているのに

 人間ときたら

 「犬は不浄」などと言い立てて

 いじめたい放題

 村にお客さんが来てパンのかけらでもやろうものなら

 すぐにもしっぽを振ってしまう

 普段どんな扱いをされているのやらと

 なんだかちょっと悲しくなる
[PR]
2006年 07月 23日 |
c0057224_11405964.jpg


 休日の午後

 家族みんなで小川のほとりへと

 小川の水で洗濯をし、お茶を沸かしてのんびりとする

 家でも洗濯はできるけど

 大物の洗濯はやっぱり川を使うのが便利だ

 ぼくはお母さんの手伝いをしながら水遊び

                ファールス州、イーザドハーストで
[PR]
2006年 07月 22日 |
c0057224_20164315.jpg


 イランの伝統料理の一つアーブグーシュト

 本場はアゼルバイジャンの方

 朝からストーブの上にのせてことことと煮込まれたシチューは

 安いのだけども本当においしい

 特にアゼルバイジャンのチャイハーネで食べるこれははずれなし
[PR]

カテゴリ
全体
東アゼルバイジャン州
西アゼルバイジャン州
アルダビール州
エスファハーン州
イーラーム州
ブーシェフル州
テヘラン州
バフティヤーリー州
南ホラーサーン州
ホラーサーン・ラザヴィー州
北ホラーサーン州
フーゼスターン州
ザンジャーン州
セムナーン州
スィースターン
バルーチェスターン
ファールス州
ガズヴィーン州
ゴム州
コルデスターン州
ケルマーン州
ケルマーンシャー州
ブーエル・アフマド州
ゴレスターン州
ギーラーン州
ロレスターン州
マーザンダラーン州
マルキャズィー州
ホルモズガーン州
ハマダーン州
ヤズド州
イランの外
日本
あちこち歩いて思うこと
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
 ※サラへのメールはこちらから。

 イラン国内での団体・個人旅行や取材などの通訳・コーディネーターのご紹介致します。詳しくは、上のメールフォームからお問い合わせ下さい。
 個人旅行の観光ビザ取得に関してもご相談に応じます。

 お問い合わせのメールの場合、文字数の制限がある携帯メールではなく、PCメールでお願い致します。



 ※イランやイスラーム、イラン旅行についての質問はこちらからもどうぞ。
 イランなんでもBBS。「サラーム・サラーム・サラーム」



お願いと注意事項
 コメント、TBは大歓迎です。リンクもご自由にどうぞ。
 ただし、内容と全く関係のない、ある特定のブログあるいはWebを宣伝することを目的としたコメントあるいはTBを、当ブログ管理者に対して何らかの断りもなくされた場合は、一種のスパムと見なし、こちらで削除させていただきます。

 エントリーに関連したTBであってもできるだけ一声かけていただきたいと思います。特に初めてコメントやTBをされる方は、コミュニケーションの第一歩として、その旨をお伝えいただきたいと思います。

 当ブログに掲載されている写真を使用される方は、管理人に許可を得てからにしてください。
最新のトラックバック
アッバス キアロスタミの..
from ばびこのチャイハネ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧