これまでの旅の思い出
by sarasarajp
りんく
外部リンク等

 らくだの&サラによるユダヤ&イスラームの異色コラボはこちら。

「(はてな版)こらぼ さらくだ」

「(エキサイト版)こらぼ さらくだ」



 当ブログの親ブログ。イラン生活13年目に突入したサラさんの日常雑感。

「イランという国で」





列車の旅
2005年 02月 27日 |
 列車の旅は大好きである。
 イランの列車はスピードもそれほど早くなく、本数も少ないので、決して便利な交通手段ではないが、その分、のんびりとした味わいがあって楽しい。

 座席は四人あるいは六人のコンパートメントで、切符はほとんどが前売りで、どんな人が同室になるかは乗り込むまで分からない。しかし、発車までの間に車掌が見回り、家族などでない男女が一緒にならないように席替えをしてくれるので、見知らぬ男性と一緒にされて気詰まりになる心配はない。

 バスの狭い座席と違って、足を伸ばしてゆったりと外の景色を楽しめるのも列車の旅の良いところ。同室の人たちとおしゃべりをしたり外を眺めたり。お菓子や果物などを分け合ったりお茶をもらったり。おしゃべりで陽気なイラン女性たちとの一時は楽しくもあり、あまりのもてなしぶりに少し疲れることもあり。

 テヘランからカスピ海へと抜ける路線は山間を縫って走っている。テヘラン州を抜けるまでは、両側に迫る緑のない山々と谷底の緑とが印象的で、マーザンダラーン側に抜けると途端に山も大地も緑一色となる。
 トンネルを抜けるとそこは雪国だった、ではないが、山を越えるとそこは緑の国だった、である。

c0057224_2230395.jpg


 写真のほぼ真ん中を通っているのが線路。カスピ海へ抜ける直前のフィールーズクーフ付近では、このようにずっと谷を走っている。
[PR]
by sarasarajp | 2005-02-27 22:31 | テヘラン州 |

カテゴリ
全体
東アゼルバイジャン州
西アゼルバイジャン州
アルダビール州
エスファハーン州
イーラーム州
ブーシェフル州
テヘラン州
バフティヤーリー州
南ホラーサーン州
ホラーサーン・ラザヴィー州
北ホラーサーン州
フーゼスターン州
ザンジャーン州
セムナーン州
スィースターン
バルーチェスターン
ファールス州
ガズヴィーン州
ゴム州
コルデスターン州
ケルマーン州
ケルマーンシャー州
ブーエル・アフマド州
ゴレスターン州
ギーラーン州
ロレスターン州
マーザンダラーン州
マルキャズィー州
ホルモズガーン州
ハマダーン州
ヤズド州
イランの外
日本
あちこち歩いて思うこと
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
 ※サラへのメールはこちらから。

 イラン国内での団体・個人旅行や取材などの通訳・コーディネーターのご紹介致します。詳しくは、上のメールフォームからお問い合わせ下さい。
 個人旅行の観光ビザ取得に関してもご相談に応じます。

 お問い合わせのメールの場合、文字数の制限がある携帯メールではなく、PCメールでお願い致します。



 ※イランやイスラーム、イラン旅行についての質問はこちらからもどうぞ。
 イランなんでもBBS。「サラーム・サラーム・サラーム」



お願いと注意事項
 コメント、TBは大歓迎です。リンクもご自由にどうぞ。
 ただし、内容と全く関係のない、ある特定のブログあるいはWebを宣伝することを目的としたコメントあるいはTBを、当ブログ管理者に対して何らかの断りもなくされた場合は、一種のスパムと見なし、こちらで削除させていただきます。

 エントリーに関連したTBであってもできるだけ一声かけていただきたいと思います。特に初めてコメントやTBをされる方は、コミュニケーションの第一歩として、その旨をお伝えいただきたいと思います。

 当ブログに掲載されている写真を使用される方は、管理人に許可を得てからにしてください。
最新のトラックバック
アッバス キアロスタミの..
from ばびこのチャイハネ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧